これまでのコンピュータセキュリティは、インターネット接続やスパムメールを介してコンピュータがウィルス感染してしまい
コンピュータ内部の重要書類やデータが流失してしまうことを防御することがメインでした。

最近は、情報漏えいを越えたサイバー攻撃が大きな社会問題になっています。


近年のサイバー攻撃


ランサムウェア(Ransomeware)によるコンピュータウィルス

ランサムウェアは、「Ransom身代金」と「Software(ソフトウェア」の組み合わせで作られた名称です。

このウィルスに感染するとパソコンに保存してあるデータが勝手に暗号化されてしまいファイルを開くことができなくなります。
場合によっては、外部のストレージに保存されているファイルを暗号化してしまう可能性があります。

ランサムウェアを仕込んだ犯人は、暗号化を解除するための身代金を要求する画面を表示させることがほとんどです。

下記画像は、ランサムウェアによって画像ファイルの拡張子がdutanに書き換えられて開くことができなくなった状態です。

 


高度なサイバーセキュリティ

ハッカーの中には、さらに高度な暗号化処理を仕込んでくる場合があります。

ランサムウェアによる感染が増加しているため暗号化を解除するようなソフトウェアも最近多くなっています。

ランサムウェアにバックドアがないディスク暗号化ソフトウェアが含まれているとドライブ全体が暗号化されてしまい

ドライブへのアクセスができなくなります。

ドライブへアクセスすると下記画像のようにフォーマットを促すダイアログが表示されます。

ドライブ全体が暗号化されているのでコンピューターは、認識できないファイルシステムとのエラーメッセージを表示します。

 


感染経路

ランサムウェアの感染経路は、送付されてきたメールの添付ファイル、第3社のウェブサイトへのアクセスで感染が考えられます。

この他、ハッカーが社内ネットワークに侵入してファイル、ディスク暗号化を実行するバッチファイルをインストールする場合も

あります。バッチファイルは、指定された時間に自動実行されてファイル、ドライブを暗号化してしまいます。

 


ランサムウェア、サイバー攻撃からの防御策

ランサムウェアを使用した犯罪者は、ファイルやドライブを暗号化することで身代金を受け取ることを目的としています。

暗号化される前に、使用しているコンピュータのファイルやドライブ全体を別のメディアにバックアップするのも一つの対抗策です。

しかし、いつアタックされるかわからない攻撃に対して毎日バックアップすることは大変な作業です。

また大掛かりなサイバーセキュリティ対策をすべてのコンピュータに施すことは膨大な費用が発生してしまいます。

 

当社は、小規模企業がわずかな投資でランサムウェアによるサイバー攻撃から守る暗号化ソリューションをご提案できます。

サイバーセキュリティ対策をご検討の中小企業、病院、学校の方は是非お気軽にお問合せください。

お問合せ先:info@magneticlaboratories.com


ドライブ全体の暗号化

ドライブ全体をバックドアが存在しない手法で暗号化するとランサムウェアもアクセスすることができません。

暗号化手法でのハッキングに対しては強固なドライブ全体の暗号化が非常に効果的です。