デジタルデータの保全は、一般企業でも必要です


デジタルフォレンジック(デジタルデータの保全)は、犯罪捜査や法的紛争時にコンピュータやモバイルデバイス内にあるデータを解析して証拠として使用するためのデータ保全がこれまでは一般的でした。

最近問い合わせが多いのは、社員が退社して使用していたコンピュータやモバイルデバイスを意図的に削除、ロックしてしまったため何とかディスクのデータを抽出してほしいとの依頼です。

また災害により起動しなくなったコンピュータのディスクを他のメディアに保全してほしいとの要望も昨年より増加しています。


USB書込みブロッカー「GUARDONIX)」



コンピュータ内のディスクを保全するために重要なポイントは、データの保全中に何らかの書き込みがされないことです。

このためには、コンピュータと保全先ディスクの間に「ライトブロック」を実行できるデバイスを使用します。

ライトブロックしないで保全されたディスクは、証拠として使用できない場合もあります。


故障したディスクの保全


コンピュータで認識ができないディスク、メモリカード等の保全には、書込みブロック機能を備えたデータ修復装置が必要となります。障害のあるディスクから他のディスクへコンピュータ無しでディスクイメージを作成します。

書込みブロック機能があるためイメージングされたものには、一切新しく書き込まれたデータは存在しません。


ポータブル データ保全装置


USB、 SATA、 PATA、 PCIe、 NVMeドライブの接続が可能です。


モバイルデータのデータ保全


モバイルデバイスには、画像、動画、電話帳、メール、SNS等が大量に保存されています。

モバイルデータの保全には、専用のアプリケーションと外部からのデータ書き換え・消去を防止するために専用のフォレンジックポーチを使用して作業を行います。


フォレンジックポーチを使用したモバイルデータの保全



オプティカルメディア、フラッシュメモリー、SSD、モバイルバッテリー、レガシーメディア、モバイル関連製品、

エナジー製品、データデュプリケーションサービスは、株式会社磁気研究所のサイトで取り扱いをしております。

メディア専門商社として40周年を迎える当社は、卸売り、オンライン、オフラインショップも展開しておりますので

是非お立ち寄りださい。 www.mag-labo.com

 

 

サイトメニュー

 ・ホーム

 ・お問い合わせ

株式会社磁気研究所

〒101-0025

東京都千代田区神田佐久間町1-17

TEL: 03-3253-5811 

E-mail: info@magneticlaboratories.com